ピンクのプライベート親密なエリアホワイトニングクリームレビュー


開示: このサイトを維持するためのコストをカバーし、皮膚の変色の最新情報を提供するために、, 私に戻って小さな寄付でこのページの結果のリンクを使用した購入. 私はこの製品の肯定的なレビューのための無料の製品や支払いを受けていません.

4 スター購入ピンクのプライベートショー

親密なエリア美白クリームを使用するかわからない. この製品はあなたのための右の1である場合には、このピンクのプライベート親密なエリアホワイトニングクリームレビューはあなたにかなり良いアイデアを与える必要があります.

そう, 我々はすべての異なるトーンとハイライトが付属して. 我々は、すべての異なる肌のトーンや色の異なる色合いを持っている私たちの体の特定の領域を持っている. 私たちに最も顕著, 私たちは誰よりもそれらを見るために, 私たちのプライベート領域です. 私たちは、乳首を持っている, ペニス, 膣, scrotums, と私たちの体の他の部分よりもかなり異なる色の濃淡であるしないより頻繁によりanuses.

と, 大抵, 色の色合いは、私たちの皮膚の他の部分よりも暗い. 暗く肛門は、トイレットペーパーの不十分な使用の結果ではなく、暗く外陰部は、不衛生の結果ではない. 皮膚はただ暗いとそれはそれだ.

そう, この暗い肌について何をすべきか? よく, 本当に何もない. 明るい日陰あなたの親密な分野で肌を取得するための臨床的理由はありません. あなたの親密な地域を明るくするための唯一の理由は、化粧品の理由のためである. 一部の人々は、単に外観を好きではない. その他やる. ITSは個人的な好みのすべての問題です.

あなたも、肌のトーンを持っているとものの一つであり、それについて何かをしたい場合は, あなたのためによく良い! あなたが望むものを担当し、それを得るためにステップを取ることは良い性格特性である. あなたが変更を加える必要があると考えているあなたの生活の中で誰かがあるのでちょうどそれをしない. 彼らはそれを好きではない場合, 彼らは変更する必要があるものです. 自分のためにそれを行う, と誰もいない.

ピンクのプライベート原材料の内訳

それは親密なエリア美白クリームに来るとき, ピンクのプライベートショー 私たちのお気に入りの一つです. 一つの理由は、名前です, パッケージングおよび全体的なブランド. それは非常に賢いです, クリエイティブ, 思い出に残る. しかしながら, すなわち、このような敏感なアプリケーションのための製品を選択する理由はない.

私たちの最も敏感な地域でこれらの製品の使用に起因する, 刺激および燃焼を生じないように成分が繊細であることが重要になる. 水の他, ピンクのプライベートでの二つの主な成分は、油である, ホホバ種子油及びアプリコットカーネル油. これらは、肌のために、彼らが優れているとあなたの敏感な部分に使用するのに最適な油である.

ホホバ種子油ホホバ種子油 多くの化粧品では非常に一般的な成分である, ローション, モイスチャライザー, シャンプー, およびコンディショナー. これは、主にそのなだめる特性のために使用し、天然物とみなさ. さらなる利点は、ホホバ油、自然殺菌剤として作用することである, 私たちの体の一部の地域どの有益である可能性がある.

アプリコットカーネルオイル杏仁油 別の非常に穏やかな非刺激性の油である, 敏感な地域のための完全な. また、広く化粧品やパーソナルケア製品に使用され. しかしながら, 杏仁油の最高の財産、それは私たちの親密な分野で使用するために来るとき、それが皮膚に吸収されるかを簡単にです. 皮膚への高速吸収がお肌を適用後に脂っこいではないことを意味. 非常に素晴らしい.

次の成分, スクアラン, 化粧品における他の一般的に使用される製品. それは、エモリエントです, 皮膚軟化剤, 私たちのプライベートエリアに最適である. しかしながら, スクワランは、スクアレンから派生 (気付く “と”), そのサメの肝臓から来ている. これは、この製品に若干の欠点である. サメのための環境問題は、いくつかのために重要な問題である.

ヒアルロン酸及びラウレス7は保湿剤として主に使用される2つの付加的な成分であり、抗老化特性を有するように化粧品業界によって宣伝されている. しかしながら, これを証明した研究はありません. それにもかかわらず, 老化を減少させることができる追加の保湿剤には、私たちと一緒に良いです.

ピンクのプライベートでの主な有効成分は、アルファアルブチンです, 美白製品としてヒドロキノンを交換している. ヒドロキノンは毒性があり、癌に関連すると考えられている. アルファアルブチン, クマコケモモの植物に由来する, メラニン阻害剤として作用する. 美白製品の主な目的は、メラニン生成を阻止されている. 研究は、アルファアルブチンが皮膚を美白に効果的であることを示している.

追加の成分は、C13-14イソパラフィンを含む, 鉱物油から誘導される皮膚軟化剤及び増粘剤 (石油); 合成されたポリアクリルアミド増粘剤; フェノキシエタノール, 抗菌特性を持つ防腐剤 (特定の分野にも良い); とエチルヘキシルグリセリン, 界面活性剤および防腐剤エンハンサー. これらの最後の成分は、微量の非毒性であることが知られている, ピンクのプライベート親密なエリアホワイトニングクリームケースこれは.

ピンクのプライベートショーの適切な使用

この製品は、膣内で使用するために設計されている, ペニス, 脇の下, 乳首, と肛門. これは、内部​​使用のためではありません. そのようなものとして使用した場合、それが炎症を引き起こすことができますようにあなたの肛門や膣の中にそれを使用しないでください. 製造業者はまた、陰茎の頭の上にその使用を思いとどまら.

限り有効として, それをいくつかの時間を与える. 製造業者は、最大を可能にするために言う 8 所望の結果を達成するために数週間. メンテナンスは一日二回のアプリケーションで必要とされている. 製品が中止された場合, 皮膚は元の色に戻ります. 従って, プロトコル内の任意のブレークが無効性につながる可能性. 個人がピンクのプライベートショー中の有効成分の異なる反応を持つことになりますように結果が変わるん.

消費者の評価

どこから与えアマゾンバイヤーとピンクのプライベート用混合口コミがあります 1 に主演 5 星. 一部の消費者は、非有効に文句を言う, 適切なアプリケーションのいずれかの証拠がないので、それは、これらの評価を判断することは困難である. ピンクのプライベート以来アルファアルブチンを使用しています, 実績のある皮膚ライトナー, それがあることを信じるのは難しいです, 適切なアプリケーションと, それが無効である.

pinkprivates消費者が持っている主な不満は、各ボトルに来る生成物の量である. それはそれが実際よりも多くの製品が含まれているようにそれは間違いなく見えるように包装が少し欺瞞的である. これは多くのメーカーのための共通の戦術です, だけでなく、化粧品業界の. 各コンテナに来るどのくらいの製品には、ラベルを読んで、知っておくことが重要です.

ピンクのプライベートが入って来 1 と. ボトル. それはあなたが得ることを意味 1 各ボトル内の製品のオンス, かなり長い間続くべきである. 少しは、あなただけあなたが白くしたいエリアのクリームの薄い層のための十分を適用する必要があるように長い道のりを行く.

プライス

現在, メーカーがために、そのウェブサイト上でピンクのプライベートショーを販売している $49.95 ボトルあたり 3 のために 2 特別 (買う 2, 1無料で入手) のために $99.00. しかしながら, 上の誰かが常にある Amazonが少ないためにそれを販売, 周りのような $30 シングルボトルや周り $60 2ボトル用. 私たちは、少なくとも2つのボトルを買ってお勧めします (輸送費を節約) このようなものはかなり良い貯蔵寿命を有するように、あなたはあなたの明るい肌の色を維持することを予定している場合, あなたは、複数のボトルが必要になります.

その可能性が常にあるように、3つを購入することはお勧めしません, 時間とともに, 有効成分は、棚の上に座ってその有効性を失うことができる. 注意の言葉だけ.

総合的な評価

私たちは、ピンクのプライベート親密なエリアホワイトニングクリームA与える 4 OUTまたは 5 星の評価. 私たちは、その有効性について確実であると包装とブランドを愛し. 私たちは、食材のほとんどにはかなり満足している, しかしスクワランの使用とその継続的な生産の環境への影響に懸念している. がある その他のオプション そこに.

賢明な価格, それは、市場で類似製品に比べて手頃な価格で、通常は割引価格で発見された, 希望小売価格は良い取引であっても、.

だから、あなたは良い親密なエリア美白クリームの市場内にある場合, 私たちは、あなたがピンクのプライベート親密なエリアホワイトニングクリームをチェックアウトをお勧めします.

amazonlogo開示: このサイトを維持するためのコストをカバーし、皮膚の変色の最新情報を提供するために、, 私に戻って小さな寄付でこのページの結果のリンクを使用した購入. 私はこの製品の肯定的なレビューのための無料の製品や支払いを受けていません.


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •